借り主の権利

借地権とは、土地を借りている人の権利、借り主の権利になります。
ですから、借りている人が安心して住めるようにしたものとされてきました。
というのも、地主にとっては、とても不利になってしまう権利とされ、平成になってから法律が改正されました。

実は、借地権に関するトラブルは絶えないものでした。
地主は土地は私のもの、借り主は建物は私のものと主張を繰り返すことで地主にとっては、いつまでも土地を自分のものにできない状態になっていました。
そして泣く泣く借り主にドイともらうために、立退き料の支払いをする事態にも。

借り主は、勝手に出て行けと主張するのなら、それなりの誠意を見せてくれということで結論に達する事も多い権利です。
そこで、貸主にとって有利になる法律改正の一つに、借地権に期限をつけること、そして、いわゆる立退き料は不必要にする。
土地を返却時に更地にすることが条件ですが、それは借り主が行うこととしました。

これが平成4年にできた法律ですが、現在20年以上経ちましたが、まだトラブルは続いています。
というのも、この改正された法律が適用されるのが平成4年以降の土地建物についてで、それ以前のものに関しては、まだ借り主が大きな顔をしていることができるからです。

貸主にとっては、まだ我慢の日々が続くことになりますが、借地権付建物はとても人気が高く、ニーズはあります。
借り主にとってみれば、改正前の法律の土地に関しては、魅力があるからです。



[Special Link]
借地権に関するトラブルや借地権の相続などの相談を受けている借地権・底地取扱店です ⇒ 借地権の相続